Windowsの8.3ためのClient Security Solutionの7(32ビット、64ビット)



オペレーティング·システムバージョンリリースダウンロード
Windowsの8.3(7ビット)用のClient Security Solutionの32
cssw732rti_8_30_0_057.exe
65 MB
Windowsの7 32bit、
Windowsの7 32bit、
Windowsの7 32bit
8.30.0057.0006 9月2012ダウンロード
Windowsの8.3ためのClient Security Solutionの7(32ビット)のインストール手順
css_readme_32.txt
10.6 KB
Windowsの7 32bit、
Windowsの7 32bit、
Windowsの7 32bit
8.30.0057.0006 9月2012ダウンロード
Windowsの8.3(7ビット)用のClient Security Solutionの64
cssw764rti_8_30_0_057.exe
92.6 MB
Windowsの7 64bit、
Windowsの7 64bit、
Windowsの7 64bit
8.30.0057.0006 9月2012ダウンロード
Windowsの8.3ためのClient Security Solutionの7(64ビット)のインストール手順
css_readme_64.txt
10.6 KB
Windowsの7 64bit、
Windowsの7 64bit、
Windowsの7 64bit
8.30.0057.0006 9月2012ダウンロード
変更の概要

<8.30.0057>

  • 埋め込みレノボパッチユーティリティ(LPU)WERクラッシュを診断するため
  • IEのブラウザヘルパーオブジェクト(BHO)と関連した問題を修正
このコードをインストールする前に、以下の点を考慮してください。
  • Client Security Solution 8.3は、Rescue and Recovery 4.3以降とのみ互換性があります。

    Rescue and Recoveryの3.1を持つコンピュータへのインストール
    Client Security Solution 8.3をインストールするには、まずRescue and Recovery 4.3以降にアップグレードする必要があります。 アップグレードするには、 救助と回復4.3 Lenovo Webサイト上で利用可能なインストーラ。

    Rescue and Recoveryの3.0を持つコンピュータへのインストール
    Rescue and Recovery 8.3がインストールされたコンピューターにClient Security Solution 3.0をインストールする前に、以下のステップを実行する必要があります。

    1. 必要に応じて、PrivateDiskボリュームからすべてのファイルをコピーまたは移動すると、データにアクセスできなくなります。 Client Security Solution 8.3はPrivateDiskをサポートしていません。
    2. ThinkVantage Create Recovery Mediaユーティリティを使用して、起動可能なリカバリメディアを作成します。 これにより、現在のバージョンのRescue and Recoveryを使用して作成されたバックアップを使用することができます。
    3. Rescue and Recoveryバックアップを外部にコピーまたは移動します。 Rescue and Recoveryのアンインストール - Client Security Solutionは、コンピューター上のすべてのバックアップを削除します。

      重要: Client Security Solution 8.3は、現行バージョンのClient Security Solutionのデータまたは設定をサポートしていません。 現在のバージョンをアンインストールすると、すべてのデータと設定が削除されます。
    4. Windowsコントロールパネルを使用して、コンピューターに現在インストールされているRescue and Recovery - Client Security Solutionのバージョンをアンインストールします。
    5. Rescue and Recovery 4.3以降をインストールしてください。 インストールするには、 救助と回復4.3 またはLenovoのWebサイトで入手でき、後でインストーラ。
  • Client Security Solution 8.3は、以前のバージョンからのアップグレードとしてインストールすることはできません。 バージョン8.3をインストールする前に、Client Security Solutionの既存のバージョンをアンインストールする必要があります。

    Client Security Solutionの7.0を持つコンピュータへのインストール
    Client Security Solution 7.0をClient Security Solution 8.3にアップグレードする前に、以下のステップを実行する必要があります。
    1. PrivateDiskボリュームからすべてのファイルをコピーまたは移動すると、データにアクセスできなくなります。 Client Security Solution 8.3はPrivateDiskをサポートしていません。
    2. Windowsのコントロールパネルを使用してアンインストールClient Security Solutionの7.0。

    Client Security Solutionの6.0を持つコンピュータへのインストール
    Client Security Solution 6.0をClient Security Solution 8.3にアップグレードする前に、以下のステップを実行する必要があります。

    1. PrivateDiskボリュームからすべてのファイルをコピーまたは移動すると、データにアクセスできなくなります。 Client Security Solution 8.3はPrivateDiskをサポートしていません。
    2. Windowsのコントロールパネルを使用してアンインストールClient Security Solutionの6.0。

    Client Security Solutionの5.4またはそれ以前を使用してコンピュータにインストールします
    Client Security Solution 5.4またはそれ以前のユーザーは、Client Security Solution 8.3をインストールする前に、そのコンピューターに現在インストールされているバージョンをアンインストールする必要があります。

注意:


Client Security Solutionのは、あなたは、PCベースのコンピューティング資産を保護するように設計されています。 これらの資産は、PC自体、PC上の機密データや会社のネットワークが含まれます。