ThinkCentre、ThinkPadの、のThinkStation - Windows Vistaの(8.21ビット、32ビット)、XP(64ビット)用のThinkVantage Client Security Solutionの32



お名前オペレーティング·システムバージョンリリースダウンロード
Windows Vistaの(8.21ビット)、XP(32ビット)用のClient Security Solutionの32
tvtcss82mr_0023ww.exe
66.5 MB
Windows Vistaの32bit、
ウィンドウズXP
Windows Vistaの32bit、
ウィンドウズXP
Windows Vistaの32bit、
Windows XPの
8.21.00232月09 2012ダウンロード
Windows Vista用Client Security Solutionの8.21(32ビット)のインストール手順、XP(32ビット)
tvtcss82mr_0023ww.txt
11 KB
Windows Vistaの32bit、
ウィンドウズXP
Windows Vistaの32bit、
ウィンドウズXP
Windows Vistaの32bit、
Windows XPの
8.21.00232月09 2012ダウンロード
Windows Vista用Client Security Solutionの8.21(64ビット)
tvtcss82v64mr_0023ww.exe
93.26 MB
Windows Vistaの64bit、
Windows Vistaの64bit、
Windows Vistaの64bit
8.21.00232月09 2012ダウンロード
Windows Vista用Client Security Solutionの8.21(64ビット)のインストール手順
tvtcss82v64mr_0023ww.txt
11 KB
Windows Vistaの64bit、
Windows Vistaの64bit、
Windows Vistaの64bit
8.21.00232月09 2012ダウンロード

このコードをインストールする前に、以下の点を考慮してください。
  • Client Security Solutionの8.21は、後にRescue and Recoveryの4.0かとのみ互換性があります。 Client Security Solutionの8.2は、以前のバージョンがインストールする手順については、以下のセクションを参照してくださいただしのために、Client Security Solutionの8.1にオーバーインストールすることができます。

    Rescue and Recoveryの3.1を持つコンピュータへのインストール
    Client Security Solutionの8.21をインストールするには、まず回復4.0以降と救助にアップグレードする必要があります。 、アップグレードをダウンロードして実行するには Rescue and Recoveryの4.3 Lenovo Webサイト上で利用可能なインストーラ。

    Rescue and Recoveryの3.0を持つコンピュータへのインストール
    次の手順は、Rescue and Recoveryの8.21ているコンピュータでClient Security Solutionの3.0をインストールする前に行う必要があります。

    1. コピーまたは必要に応じて、ご使用ののPrivateDiskボリュームからすべてのファイルを移動したり、あなたのデータにアクセスできなくなります。 Client Security Solutionの8.21はPrivateDiskのをサポートしていません。
    2. ThinkVantageを使用して、ブート可能なリカバリメディアを作成してリカバリメディアユーティリティを作成します。 これは、Rescue and Recoveryののあなたの現在のバージョンを使用して作成したバックアップを使用することができます。
    3. コピーまたは外部の場所に任意のRescue and Recoveryのバックアップを移動します。 Rescue and Recoveryのアンインストール - Client Security Solutionのは、コンピュータ上のすべてのバックアップを削除します。

      重要: Client Security Solutionの8.21は、Client Security Solutionを現在のバージョンからのデータや設定をサポートしていません。 現在のバージョンをアンインストールすると、すべてのデータと設定を削除します。
    4. Rescue and Recoveryのバージョンをアンインストールします - Client Security Solutionのは、現在、Windowsのコントロールパネルを使用して、コンピュータにインストールされています。
    5. 後にRescue and Recoveryの4.0かをインストールします。 インストール、ダウンロードして実行するには Rescue and Recoveryの4.0 またはLenovoのWebサイトで入手でき、後でインストーラ。
  • Client Security Solutionの8.21は、以前のバージョンからのアップグレードとしてインストールすることはできません。 あなたは、バージョン8.21をインストールする前にClient Security Solutionの既存のバージョンをアンインストールする必要があります。

    Client Security Solutionの7.0を持つコンピュータへのインストール
    次の手順は、Client Security Solutionの7.0にClient Security Solutionの8.21をアップグレードする前に行う必要があります。
    1. ダウンロードして実行します Client Security SolutionのはUpgrade Assistantを8.x。 このユーティリティは、Client Security Solutionの8.21で使用するためにあなたの現在のデータと設定を保存します。
    2. コピーまたはあなたのPrivateDiskボリュームからすべてのファイルを移動したり、あなたのデータにアクセスできなくなります。 Client Security Solutionの8.21はPrivateDiskのをサポートしていません。
    3. Windowsのコントロールパネルを使用してアンインストールClient Security Solutionの7.0。

    Client Security Solutionの6.0を持つコンピュータへのインストール
    次の手順は、Client Security Solutionの6.0にClient Security Solutionの8.21をアップグレードする前に行う必要があります。

    1. コピーまたはあなたのPrivateDiskボリュームからすべてのファイルを移動したり、あなたのデータにアクセスできなくなります。 Client Security Solutionの8.21はPrivateDiskのをサポートしていません。
    2. Windowsのコントロールパネルを使用してアンインストールClient Security Solutionの6.0。

    Client Security Solutionの5.4またはそれ以前を使用してコンピュータにインストールします
    Client Security Solutionの5.4またはそれ以前のユーザーは、Client Security Solutionの8.21をインストールする前に、現在自分のコンピュータにインストールされているバージョンをアンインストールする必要があります。


Client Security SolutionのはUpgrade Assistantを8.x

Client Security Solutionの8.xのためのアップグレード・アシスタント (639KB)Client Security Solutionの8.x Readmeのためのアップグレード・アシスタント (9KB)


Client Security Solutionのは、あなたは、PCベースのコンピューティング資産を保護するように設計されています。 これらの資産は、PC自体、PC上の機密データや会社のネットワークが含まれます。


このコードを使用する場合は、以下の点を考慮してください。
  • Client Security Solutionの8.21は、ThinkVantageプロダクティビティー・センター1.0と統合されていません。 ThinkVantageプロダクティビティー・センターのユーザーはに更新する必要があります ThinkVantageプロダクティビティー・センター2.0以降 最高のユーザーエクスペリエンスのために。
  • Client Security Solutionの8.21はFirefox3、同じ時間7.5.1とAnyConnect VPNクライアントをサポートしています。
  • このリリースでは、窓が内部の指紋センサーと指紋センサー付きextenalキーボードの両方にインストールされたシステムに互換性の問題にログオン修正されました。
  • インストール手順と考慮事項については、上記「Client Security SolutionのREADME」ファイルへのリンクを参照してください。